【家の内側も外側も】知っておきたいタイルのこと。(川口市/外装工事/費用/施工例/業者/会社/おすすめ/リフォーム)

New

皆さんこんにちは。埼玉県川口市を拠点に、埼玉県や東京都内、千葉県、神奈川県といった首都圏で、内装・外装の補修や防水工事などを手がけている株式会社アイナです。


外壁等に用いられるタイル。タイルとは建物内外の壁や床、屋根を覆う焼き物でできた薄板のことを指します。タイルは耐候性に優れるため、変色、変質などの心配がありません。また、高い耐熱性や防火性、防水性もあります。掃除がしやすいというメリットもあります。

タイルはとても長持ちするため、張替えのタイミングを逃してしまい、劣化に気付いた頃には大掛かりな改修が必要になってしまうケースもあります。ここではそんなタイル張替えの時期やタイミングを逃さないための基礎知識について紹介します。



タイル張り替えの必要性


そもそも、普段から家のタイルの状態を観察している方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?汚れなどが気になることはあるでしょうが、メンテナンスを常日頃から意識することはなかなかないことと思います。

というのも、タイルは耐久性が高く経年による劣化が起こりにくいので、あまり大きな変化は見た目では判断が難しいからです。

では、気付かぬうちにタイルの劣化を放置し続けていしまうとどういったリスクがあるでしょうか?

例えば、浮いてしまっているタイルがあると、タイルが剥がれ落ちて地上に落下する危険性があります。また、外壁タイルに隙間ができてしまっていた場合、雨漏りの原因になっている可能性もあります。

タイルは耐久性の高い素材のひとつではあるものの、多少の劣化はあります。しかし、注意すべきはタイルそのものよりも、タイルを張り付ける際の接着剤の寿命に限界があるということがポイントです。接着剤の寿命は10年程度と言われているので、タイルに問題が見られなくても、10~15年ほど経過したタイミングで張り替えが推奨されています。

また、放置してしまうと、知らず知らずのうちに「ひび割れ」「汚れ」「外壁目地部分の剥離」などの劣化症状が出てきてしまいます。

見た目の美しさとしてももちろんですが、外壁タイルの劣化は建物の外部や内部への影響も大きく考えられるので、実は細やかなメンテナンスが必要となるのです。



業者 or DIY?


タイルの張替えはご自身で行う方がもちろん安く済みますが、タイルの状態によってはDIYは難しく、確実に張替えるためには業者に依頼することをおすすめします。

もちろん最初から契約ということはなく、まず現地調査をしっかり行ったうえで施工計画の提案と見積もりをお出しし、内容に納得していただいたのちに契約・施工となりますのでご安心くださいね。

張替えの必要な範囲や付随工事によって作業は異なりますので、一度お気軽にご相談いただければと思います。



アイナはベストな工事をお約束!


今回はタイルの張り替え工事についてご案内しました。

タイルというと外壁などばかりに目がいきますが、室内だと浴室などでもよく用いられています。浴室は湿度が高いため浮きが生じやすく、接着剤の寿命も縮まる場合も考えられます。劣化したタイルの隙間から湿気やお湯が入り込み、ご自宅の強度を弱めてしまう可能性もあるのです。

外だけでなく、意外と内側にもタイル工事はかかわってくるため、この記事を読んで少し心配になった方がいらっしゃいましたら、まずは一度ご連絡ください!

ご不安点、ご不明点はもちろん、工事の必要性やお見積りなどについてもしっかりご説明させていただきます。



アイナの打診調査はこちらでもご紹介しています。

よろしければご一読ください!

https://www.ina-co.jp/blog/gaiheki/134797